生きてこ!

急性リンパ性白血病(Ph+ALL)になって骨髄移植を受けました。これから人生の新しいステージです。抗がん剤治療や骨髄移植、その後の自宅療養の日々について、興味あることも織り交ぜて書いています。骨髄移植を受けた人間が治療を通して感じたこと、その後どんな生活をしているか、書き連ねていこうと思っています。

免疫抑制剤使用中に風邪をひくとどうなるか

DAY212

こんにちは、ひららんです。

月曜に微熱から受診して「おそらく風邪」という診断をいただいたとおり、風邪で寝込んでいました。

月曜はまだ元気があって、帰宅してからPCに向かう余裕もありました。火曜になってくしゃみと鼻水といういわゆる「感冒症状」が主張してきて微熱も継続、そして水曜の朝には38.4度と、久しぶりに38度超えの世界を体験しました。

もし発熱の原因がステロイド剤の減量によるものであれば、熱が下がらない場合再度受診してプレドニンを追加することになっていたので、その時点でもうドキドキです。

とりあえずカロナールを飲んで、2~3時間で37度台になりました。夫も心配だったようで「もし受診するなら早退するから連絡して」と言ってきてくれまして…。

午後、念のため病棟に電話したところ、主治医の先生と電話がつながったのでこちらの症状を話し、先生もカルテを細かくチェックしてくださっている感じで、「感冒症状が全面に出ているので、ステロイド剤の追加は不要でしょう」とおっしゃいました。それを聞いて一安心です。

で、ふだん座って編み物やゲームばっかりしていることを少々後ろめたく思っていたりしていましたが、本当にしんどいときは寝るしかできないんだということ、座って何かをするには結構体力が要るんだということを再認識しました。

しんどい順にできることって

  1. 布団に横になって寝る
  2. 布団に横になって読書をする(タブレットは重すぎるのでKindle paperwhite一択)
  3. 座椅子にもたれながら座ってゲームをする
  4. 普通の椅子に座って編み物をする
  5. 普通の椅子に座ってPC作業をする

って感じでした。スマホ操作もしんどかったくらいです。Twitterでもおとなしかったでしょ(^_^;

でも木曜の午後から急に元気が出てきて

午後1時からSplatoon2やっちゃいました(*゚∀゚*)
1日8時間以上ゲームするなんて久しぶり←

今日もまだパジャマだけど、朝から座って過ごすことができました。もちろん、ゲームも編み物も、次に何を編むか考えたりもしちゃいました。

こうやって楽に過ごせることがありがたいです。

健康な人ならただの鼻風邪で終わるようなことでも、今の自分には入院するかもしれない大問題だったりするんだなということも、再認識。

まだまだこれからです。負けないよ。