ハンクラ部

「ないのなら作ってしまえばいいじゃない」を合い言葉に、編み物中心にいろいろ作っています。

家庭内ゲーム機の乱、勃発か

こんにちは、ひららんです。

唐突ですが、うちの長男は社会人なので自分の好きなゲームはソフト・ハードともに欲しければサクッと買っています。うまく中古品も活用している模様。

で、その恩恵にあずかっているのが弟たち。親に買ってもらったわけでもなく、お小遣いをためて買うこともなく兄の「いいよ」で同じゲームを楽しみまくっています。

幼い頃から両親がドラクエやマリオカートやマリオワールド、FFなんかをやり込んでいるのを見て育ったので当然の結果でしょうが、きょうだいでスマブラ仁義なき戦いをやったりPSOを分割画面で楽しんだり、マラカス持って踊ったり、私が立てた家庭内サーバーでMinecraftのマルチプレイをやったりと、みんなそれぞれの傾向はありますが相当やり込む子になりました。長男は二次試験の直前でも遊ぶ時間取ってたかなそういえば。

うちは都合でTVが1台しかないから、みんなそれを使うことになります。自分のPCやPSVitaなんかで個々に遊んでいる間は良かったんですよ、ええ。

Splatoonが発売されたとき、そのためだけにWii Uを買った長男。長男と三男はガチ(で悔しがる)派だったので、毎晩地団駄を踏みながらあっという間にウデマエもS+になりました(私はエイムがブレブレな自覚があったのと仕事とツムツムが忙しくて時間が取れず、前作はやっていません)。

去年、Nintendo Switchが発売されてなかなか手に入らない状況だったときも家族LINEで情報を飛ばし合いながら店舗めぐりをして手に入れました。一例:「目の前で最後の1台が売れていきました」「某中古ショップで1点だけ発見、中古だけど定価」「行っとけー」等々

私の一時退院祝いには三男がマリオカートを買ってくれ、子供たちはアームズ等を楽しみつつ、いよいよSplatoon2発売。一時退院をして骨髄移植の予定が決まるのを待っていた私も、思い切ってプレイしてみることに。

いやもう、これが面白くて!

自宅療養中で時間だけはたっぷりあったから、ランクだけはガンガン上がるもののガチに行くのは怖くて。そういうのは末っ子の四男に任せることがほとんどでしたが、ナワバリとサーモンランを楽しんでいました。本退院して初めてフェスに参加できたときは嬉しかったなあ。

ここまでが前置きね。って長いなおい。

そこから、地球防衛軍5やモンハン:ワールドが発売になったことと、長男が学生の頃からハマっているBORDER BREAKのPS4版リリースのニュースが飛び込んで来てβテストが絡んできたりした頃から雲行きが怪しくなってきました。特にモンハンは三男もやり込みたい、地球防衛軍は長男・三男・四男もやり込みたい(次男は別居なので自分専用のハード・ソフトでやり込んで行る)。私はSplatoon2しかやらないけど、私がやっているとその間PS4をやりたい人は手も足も出ないということになります。てか老眼にテーブルモードは無理ゲーなんですよ…。

どう考えてもモニターが足りない

PS4をやりたい人数のほうが多いから、私が自分用にゲーミングモニターを導入するかと思っていたら、長男が「近くに置いてプレイしたいから僕がモニターでいいですよ。20インチぐらいので」と言い出したので、じゃあ近いうちにそうしようかということになりました。ただ、ガルパンのドリームタンクマッチ投入で三男までが「自分用のPS4が欲しいなあ」とボソッとつぶやいているのも気になります。ガルパンは三男と四男が夢中になっているからなあ。ハードも足りないとか。

そこへとんでもないニュース

www.inside-games.jp

…switchも足りなくなるやん!!!

今のところ譲り合いで何とか回していますが、いずれは何かを増やすことになるんだろうな。ってどう考えてもモニターが(以下略)。