生きてこ!

急性リンパ性白血病(Ph+ALL)になって骨髄移植を受けました。これから人生の新しいステージです。抗がん剤治療や骨髄移植、その後の自宅療養の日々について、興味あることも織り交ぜて書いています。骨髄移植を受けた人間が治療を通して感じたこと、その後どんな生活をしているか、書き連ねていこうと思っています。

無菌室で活躍してくれたアイテム

白血病の化学療法は白血球を減らすため、無菌室や無菌病棟で行われます。白血球の数値が上がってきたら大部屋に移動になったりもしますが、私の場合基本的には無菌室でした。

 

無菌室は他の人と切り離されてしまうためか、TVが見放題でした。でも私は日頃からTVをほとんど見ないので、さあ見放題ですよと言われても何を見ていいやら。時間帯によっては何を見ても興味が持てないことも多く、せっかくの見放題の恩恵にあずかることがあまりありませんでした。それよりはモバイルルーターとノートパソコン、タブレットでネット三昧でしたね。

 

8月に虫垂炎の手術で入院する際、思い切って持ち込んだのがAmazonのTV Stickです。家で使っていて、これを病院のTVに差したらいいんじゃね?と思いついて試してみました。HDMI端子に接続したところ全く問題ありませんでした。

 

ところが、骨髄移植を受けた大学病院の個室はなんとHDMI端子のない古いタイプのTVでした…これじゃせっかくの見放題が!

そう思って探してみると、世の中にはあるんですね。HDMI端子をコンポジットへ変換できるアイテムが。

 

TVに付属のAVケーブルが短かったので家から延長分を持ち込み、無事接続できました。画質は落ちるけど十分鑑賞に堪えるレベルでしたよ。

「この病棟でこんなことをした人は初めて」と言われてしまいました。でも先生方や看護師さんにも好評で、聴いている音楽や見ている動画で話題が膨らんだりも。日頃は無口そうな先生が「あ、これガンダムUCですね」って的確に反応されたり、「これgleeですよね」って食いついてくださる先生や看護師さんがいたり。

移植後、体調が本当に厳しくてしんどいときはTVをつけることもできませんでしたが、トータルで長い個室生活を楽しませてくれたのでした。