生きてこ!

急性リンパ性白血病(Ph+ALL)になって骨髄移植を受けました。これから人生の新しいステージです。抗がん剤治療や骨髄移植、その後の自宅療養の日々について、興味あることも織り交ぜて書いています。骨髄移植を受けた人間が治療を通して感じたこと、その後どんな生活をしているか、書き連ねていこうと思っています。

骨髄移植を終えて退院できました

今年ももうあと1ヶ月あまりですね。今年はずっと病院と縁が切れない印象的な1年を送った@hiraran00です。

 

ざっくり経緯を説明すると、3月、5月、6月に化学療法を受け、9月に骨髄移植を受けることができ、11月に退院することができました。途中、4月に原因不明の肺炎で半月ほど入院したり、移植前の検査で糞石が見つかったため8月に虫垂を切除するなどということもありました。

 

骨髄移植は、厳しい治療でした。移植そのものは点滴なので痛みも何もないのですが、前処置とそれに伴う副作用が続く期間、特に白血球の数値が上がってくるまでは粘膜の痛みのため水を飲むことすらできず(自分の唾液を飲み込むこともできず)、苦しい時間でした。

 

ですが、こうして無事に退院できて家族と一緒に過ごせる時間を取り戻すことができて、自分はなんという幸せ者であるかと感じています。命を分けてくださったドナーさん、いつも応援してくれた家族や友人のみんな、全力を尽くしてくださった医療スタッフの皆さんに心から感謝します。

 

これから当分は免疫抑制剤を内服しながら自宅療養の日々を送ることになります。骨髄移植についても、思い出しながら少しずつ書いていけたらと思っています。

 

www.hiraran.com

 

 

www.hiraran.com

 

 

www.hiraran.com