生きてこ!

急性リンパ性白血病(Ph+ALL)になって骨髄移植を受けました。これから人生の新しいステージです。抗がん剤治療や骨髄移植、その後の自宅療養の日々について、興味あることも織り交ぜて書いています。骨髄移植を受けた人間が治療を通して感じたこと、その後どんな生活をしているか、書き連ねていこうと思っています。

自宅療養なう

1月18日(水)に入院して、寛解を目指してステロイド剤(プレドニゾロン)と分子標的薬(スプリセル)を服用してきました。

ありがたいことに経過がとても良くて、薬の副作用もなく、白血球や赤血球や血小板等が減りすぎることも一切なく、無菌室にいなくても良い状況になりました。

唯一副作用と言えるのは、糖尿病にもなっていたことが分かって、プレドニゾロンの副作用で血糖値が高くなってしまったことぐらいです。だから食事も途中から糖尿病食になり、インスリン注射をしていました。

でも無菌室を出ることになったとき、入院当初にあったトラブルを精神的に引きずっていて、大部屋で寛解まで入院するのは耐えがたかったのです(簡単に言うと年配の看護助手にあり得ない嫌がらせをされました。看護助手さんたちは無菌室でも常に全ての扉を開放して作業をされるので看護師さんに不安を訴えたら、注意が行って逆恨みしたのか私が一人きりのときに恫喝に来た)。

そういう事情を先生にも話したところ、「だったら自宅療養にして外来受診にしましょうか」とおっしゃったので、めでたく一時退院の運びとなりました。

看護助手から恫喝された件についてはすぐ看護師さん→師長さんに泣きついて、以後は私の病室からは出禁にしてもらって全部看護師さんのお世話になることができたのですが、大部屋ではそれもなかなかままならないので…。

百歩譲ってドアを開放して作業するのを良しとしても、患者を恫喝するような人には病院で働いて欲しくないと切に願います。

来月は強化地固め療法で、本格的な化学療法が始まります。そしたら今のように気楽にはやっていけないだろうと覚悟はしています。ブログどころじゃなくなるかもですね。でも今この瞬間にも同じような治療を受けている人がたくさんいらっしゃることを思って、へこたれずに乗り切りたいと思います。