生きてこ!

急性リンパ性白血病(Ph+ALL)になって骨髄移植を受けました。これから人生の新しいステージです。抗がん剤治療や骨髄移植、その後の自宅療養の日々について、興味あることも織り交ぜて書いています。骨髄移植を受けた人間が治療を通して感じたこと、その後どんな生活をしているか、書き連ねていこうと思っています。

同じ病気の方がいました

一口に白血病といっても、いくつも種類があるんですね。初めて知りました。

まずは、慢性白血病と急性白血病。急性はさらに急性骨髄性白血病急性リンパ性白血病。さらに急性リンパ性白血病フィラデルフィア染色体の異常が陽性か陰性か、まで。

いやー知らんかったわ。

私はそのうち、フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病だということが検査の結果で分かりました。先生のお話によると、白血病患者のうち約3割なのだそうです。

この病名で検索しているとき、ひろまささんのブログを発見しました。同じ型の白血病になる確率についても検証してくださっているのがとても分かりやすく、入院中は時間もたっぷりあったので一気に読みました。

この病気になって型の詳細が判明したとき、臨床検査技師の資格持ちの息子が「何でリンパ性なんだ、なんでPh陽性なんだ…」と思ったそうです。私は詳しい知識がないから深く考えず、「治るんなら良かった」「寛解まで飲み薬だけでラッキー♪」程度にしか思いませんでした。でも医療の知識があればあるほど、事態を重く受け止めてくれるようで…。

前述のひろまささんによると、Ph陽性急性リンパ性白血病にかかる確率はとても低いようです(フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病になる確率を計算してみた結果)。

私は数字はからっきしなので、同じ病気の先輩がこうしていろいろ調べて記事にしてくださっているのこと、とてもありがたいです。

きっと今後も参考にさせていただくと思います。